アイモビーグの作用機序

アイモビーグは、片頭痛の病態形成に中心的役割を果たす
カルシトニン遺伝子関連ペプチド
(CGRP)の受容体を選択的に阻害する、
唯一の完全ヒトモノクローナル抗体製剤です。


竹島多賀夫 編著. 頭痛治療薬の考え方, 使い方 改訂2版. 中外医学社, 2016、
Russell FA et al. Physiol Rev 2014;94:1099-1142を参考に作成

Back to Top